安心と安全に関する体制を作ること

これからの医療は患者にとって安心と安全で、納得できる効果的でありながら質が高いサービスの提供が求められています。
安心というのは何かというとすぐ近くに信頼できる医療施設がある環境です。
今では大都市ならば問題がありませんが、地方では医療を受けることが出来ない人が多くいます。
そのために医療を受けるために朝早くから車で何時間も移動したり、電車に乗って通うことが当たり前になっています。
それを解消するためには簡易的にでも医療機関を地方でも作っていく姿勢が必要です。
安全というのは、まさしく医療の状況が危険にならないことをいいます。
見える医療をしていくためにもどのような処置をするのか、患者がわからないことがないようにしっかりと話を出来ると、安全という観点からストレス無く対応できます。
これが間違ってしまうと患者はとにかく医師のいうことを聞けばいいという横柄なことも無く、お互いに相互理解をした上で医療を受けることが可能です。